SDGsを目指すユニバーサルスポーツ

SDGsにおける17のゴール・169のターゲット

東京ゲートボール連合は、国連が2030年までに達成をめざす「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、SDGsを目指すユニバーサルスポーツとして新規ファン層の関心・共感を獲得することを目標に掲げます。

ゲートボールが持つ可能性

ゲートボールは、すべての年齢・性別・障がい者の参加を可能としており、国民の健康増進、地域社会の安心・発展等への貢献という視点において、SDGsのゴールの中でも以下のゴールに合致しており、これからの共生社会の実現のために貢献するスポーツだと考えております。

3 すべての人に健康と福祉を
5 ジェンダー平等を実現しよう
11 住み続けられるまちづくりを
16 平和と公正をすべての人に
SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。 2015年9月の国連サミットで採 択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す 国際目標。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っており、発展途上国 のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)な目標として、日本としても積極的に取り組んでいる。

シェアお願いします!